新 エ ネ ル ギ ー 探 査 で 産 業 革 命 を 開 く

FrontPage=3

未来を眺める時 近年‥『エネルギー進化論』‥『シェールガス争奪戦』‥『化石燃料革命』などのエネルギーに関する書物が沢山出版されています。その中でも‥著書-矢部 孝教授『マグネシウム文明論』は非常に感銘を受けた書物となりました。‥‥今から『マグネシウムによる産業革命』が始まるのでは‥‥‥の 予 感‥‥

                 I N D E X 

  • 道具←←←←←←←←未来→→→→→→→→→野嶋
  • 倫理------限りある資源-----画像の説明-----オンサイト-----マグメシウム革命-----お問い合わせ------無機ハイドランド

総論=未来を眺める -限りある資源を大切に

グローバル.ヒーティング黙示録-全8巻はお読みになりましたか?
もしお読みになっていないようでしたら下記のサイトを開いて下さい
グローバル黙示録1~第一章 歴史と未来
グローバル黙示録2~第二章 非再生エルルギー発電の衰退
グローバル黙示録3~第三章 再生可能エネルギー発電の発展
グローバル黙示録4~第四章 電力系統連携
グローバル黙示録5~第五章 都市における変化
グローバル黙示録6~第六章 産業部門における変化
グローバル黙示録7~第七章 運輸部門における変化
グローバル黙示録8~第八章 世界と日本の現状

お読みになったあなたはもうお分かりと想いますが、要約すると
やがて枯渇する化石燃料(非再生エネルギー)の消費による発電は地球温暖化現象もたらし、CO2
による地球全体を汚染させてやがて衰退して行く
そして再生可能エネルギー(風力/ソーラーの自然エネルギー)等との電力系統連携をしていく必要がある。
電力系統連携は都市に産業部門に運輸部門に大きな変化をもたらす。

私の見解からすると原子力発電にはあまり深く触れていないのが残念である
核融合発電こそが50年後の世界のエネルギーの主力となる。
核融合発電の話はここ

  • 自然科学研究機構 核融合科学研究所
    核融合発電はヘリウムと水素を電磁波制御する事より構成され、その原子炉本体は10.000度にもなる。既存の原子炉が一基100万KW程度の対して、1億万KWを発電する超大型発電施設である。核融合発電の実用化に入る前にトリウム原発の高温炉における水素製造こそが、近未来の水素燃料と水素燃料電池社会(時代)の到来と考え次第である。

過去の回想/未来を眺めるとき 次のサイトを立ち上げました

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional