新 エ ネ ル ギ ー 探 査 で 産 業 革 命 を 開 く

FrontPage=1

倫理と理念を語る‥‥ウランに頼る原子力発電所‥地球温暖化問題‥枯渇する化石燃料‥電気の源がエネルギーである‥‥と自然エネルギー→非常用発電装置→HHOガス→水素燃料電池‥‥と探査の道は続く‥‥そして無機ハイドランドによるエネルギー革命論が‥‥やがて倫理と理念の確立となる‥‥‥

                 I N D E X 

  • 倫理←←←←←←←←理念→→→→→→→→→道具
  • 倫理------限りある資源-----画像の説明-----オンサイト-----マグメシウム革命-----お問い合わせ------無機ハイドランド

2011年3月11日東北地震震災後電力需要と供給に関する理念を確立

電力は供給はあるのが当たり前と考えていたのは私だけでしょうか?イヤ私だけではないと思います.
3月11日の震災は地震と同時に津波の災害をもたらし、東京電力福島第二原子力発電所の災害
の事故に繋がっていった事は記憶に新しいものです.

原子力発電所の災害が奇しくも津波による電力供給が絶たれると言う事は電力供給の施設が電力なしでメルトダウン現象で使用不能とは笑い話済まされない現実問題です.その後地震による津波事故とは別に、原子力発電所の水素爆発による放射能汚染の問題は発生地福島だけでなく日本全体へ広がり原子力事業そのものあり方について問われる事となりました。

揺るぎない理念の確立

この様な中日本の原子発電所情勢/日本の電力事情/新エネルギー情勢をWEB上で調査しました.その中でも下記の2つ書籍とWEB上でグローバル・ヒーテング黙示録 全6巻を診付けた事は本サイト創生の動機づけであります.
学ぶサイト4 書籍紹介
書籍『原発新革命』~古川和夫 藷
書籍『昨日 今日 いつかくる明日』~村上信明 藷
自然エネルギーの可能性と限界~石川 憲二 薯
エネルギー進化論~飯田 哲也 薯
化石燃料革命~石川 憲二 薯
マグネシウム文明論~矢部 孝 と 山路 達也 共作著書

【新エネルギー探査】

詳細な目次
1>枯渇する化石燃料
2>地球温暖化問題の解決は
3>バイオマス燃料
4>原子力発電所と放射性物質
5>トリウム溶融塩原子炉
6>新エネルギーによる発電
7>熱エネルギー発電と水素燃料電池
8>蓄電池と燃料電池
9>電気自動車と燃料電池自動車
10>水素燃料時代の到来
11>核融合発電と超電動発電

古川和夫提唱『トリウム原発』の再検証
トリウム溶融塩原子炉の問題に詳しく触れる事が、新しい理念の確立とつながる};トリウム発電産業が次世代の産業革命になるか?である.
次世代の産業革命はトリウム原発が高温溶融塩炉において水素製造が出来る事であり、蓄電池の貯蔵システムを飛び越えて水素燃料社会の構築が完成する。
詳細な目次 ※ トリウム原発の再検証後立ち上げサイトです
1>トリウム原発の課題を再度検証する
2>トリウム原発事業化のための鉄則~5ケ条項目
3>小型マグマ発電装置とは
4>小型発電装置設計・仕様書について
5>水素製造装置の設計・仕様書について
6>給湯装置の設計・仕様書について

ブラウンガスと水素ガス開発と利用プロジェクト

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional